Thank you for visiting my page 😍✨
Follow me 🤗✨

PHP勉強編⚾️

戻り値(return)

戻り値とは

戻り値とは、{}の中で行われたreturnの直後に記述してある「関数の処理の結果」です。{}の中の処理の前に「return」を入れる事で戻り値を指定できます。指定された戻り値は関数の中に入ります。

また、returnには戻り値を指定するだけでなく、returnが呼ばれた部分で関数やメソッドの処理を終了させる特徴があります。

従って、returnの関数の処理結果の後にコードを書いてあってもそのコードは実行されません


戻り値の使い方のPOINT😊

関数の定義は下記の通りです。

function 関数名(引数){

return 関数の処理の結果;

}

↑で設定した「関数の処理の結果」を↓のように呼び出せます。関数は計算式(文字列も含む)で引数は計算式で使う数字ってイメージです。

関数の呼び出し方は下記の通りです。

変数 = 関数名(引数);

echo 変数;


実際の例文をみてみましょう♫

例文1

function getNum($num1,$num2,$num3){

return $num1 + $num2 + $num3;

}

$sumNum = getNum(1,2,3);

echo $sumNum;


プレビュー

6

勉強の感想

blog作成時間5:20スタート 6:00エンド

所要時間40分

「関数を設計して定義する→関数を変数に代入する→echoで出力する」という一連の流れを理解できればOKだと思います☺️

いつか誰かの為になります様に✨

2022月6月15日アップデートしました☺️