Thank you for visiting my page 😍✨
Follow me 🤗✨

PHP勉強編⚾️

if文の埋め込み(PHP)

endifとelse

以前の「HTMLとPHP の埋め込み②」の回で学習した通り

if文はif():~endifのように書くことができます。

また、elseを用いる場合は図のように
if():~else:~endifのように書くことができるので確認しましょう。

if文の埋め込みのPOINT😊

if文をHTMLに埋め込む書き方は下記の通り

<?php if(条件式 ): ?>

条件式が「真(true)」の時に実行される処理;

<?php else: ?>

条件式が「偽(false)」の時に実行される処理;

<?php endif ?>


実際の例文をみてみましょう♫

(例文では、真偽値は真のみでかつ、$menu->getType()の中身は「アイス」の場合と仮定します)

<?php if ($menu instanceof Drink): ?>

<p><? php echo $menu->getType() ?></p>

<? php else: ?>

<p><? php echo ‘該当メニューなし ‘ ?></p>

<?php endif ?>


プレビュー

アイス

学習の感想

blog作成時間6:00スタート 7:00エンド

所要時間60分

今回はif文の埋め込みの発展形ですね😊💡

elseを使うときに、PHP の埋め込み形で使うときは

else{}がelse:に入れ替わるってだけです😆✨

めっちゃ似てるけど、セミコロンではなくコロン( ; → : )なのは注意しましょうね☺️💡

今日はわりと簡単な回だったかな❓( ^∀^)✌️

if文忘れてしまった方はリンクを見てもらえると分かるかもです😊💡


過去のif文記事😆✨

if文の使い方①

if文の使い方②

if文の使い方③

HTMLとPHP の埋め込み②


結構記事が増えてきたー努力の証ですね😆

私と一緒に🐢のようにゆっくり成長してくれる仲間が増えたら嬉しいです😊

いつか誰かの為になります様に☺️✨